ポモドーロ・テクニック −仕事効率化の近道

  • 2011.11.02 Wednesday
  • 20:31


 
ポモドーロ??? 

トマト???(…の、イタリア語)

なんじゃそりゃ?



と、いうのが最初の印象だった、
この「ポモドーロ時間管理法」
  logo.JPG



集中力がなく
とにかく追い込まれなくちゃ、真剣にやれない

と、いう、
決定的障害を持つりおにとって


「どうしたら、タラタラしないで
 やるべきコトにまっすぐ向かえるか…?」



は、常に、人生の最重要課題…



そのために、

  1. 家でしない。(家でやると、すぐサボる)
  2. いっそのこと、ギリギリまで自分自身を追いこむ。
  3. BGMにモーツァルトを流して集中力を向上させる。
(詳しくは、昨年紹介した、
 The Mozart Effect 〜モーツァルト効果 を参照)



など、
それなりに工夫を施してみてはいるものの、



家以外で …と言っても、

NYにも、東京にあるような、
個人で借りられる勉強部屋があればいいんだけど、
そんなものないから、
結局、パブリックの場所に行くくらいしかない。

ホンキで追い込まれたら、
1日6〜7時間くらい頑張んなきゃ、
絶対間に合わない!!! 

…ってな状況なのに、
そんな長い時間を
家以外の外で過ごすのは容易じゃないし



ギリギリまで自分を追い込むことはできても、
それが間に合う保証もない…ってことだから、

毎回、そんな、大きなリスクを追うなんて
心臓がいくつあっても足りない



だいたい、
モーツァルト効果も、
始めてから…の効果であって、

始めないうちには、そもそも意味がない

(その前にタラタラしちゃってる怠けモノ
 には役立たず…)




と、そんなこんなで、

どこかに
りおでも簡単にできちゃう
「時間管理法」はないものか…?と、

本来、やるべきことをやる時間を
またもや削りながら調べてみたところ、


この

Pomodoro Technique
「ポモドーロテクニック」

なるものに巡り合いました。 



ポモドーロテクニックとは、
1980年代後半、イタリア人のFrancesco Cirillo (フランシスコ・シリロ)
によって作られた
タイムマネージメントの手法です。



Francesco Cirillo.jpg
HPより。



これが至って簡単で、

キッチンタイマーを利用して
時間を区切ることによって
短い時間で
集中力を高めちゃおうぜっ



って、だけのこと。



この時、たまたま、
彼が使ったキッチンタイマーが、
トマト型だったことから、
この手法を
「ポモドーロ(イタリア語でトマト)法」
と名付けたそうです。


 
本人が使ってたというキッチンタイマー



さてさて、
大して詳しいことも知らなかったけど、

ひとまずその時点で、
すでに、超、追い込まれていたりおは
藁にもすがる思いで、
さっそくトライしてみることに。


もちろん、りお家には
トマト型のタイマーなどあるはずもなく、

こんな普通のキッチンタイマーで挑戦




やりかたは超簡単



  1. キッチンタイマーを25分に設定
    やるべきコトに取り組む。

    写真 Sep 22, 5 52 17 PM_512.jpg




  2. 25分経ったら、タイマーを5分に設定。この間休憩。

    写真 Sep 22, 6 56 41 PM_512.jpg

    (これを1セットで、1ポモドーロと呼んじゃいます)


  3. これを4回くらい繰り返したら、
    (4ポモドーロ)
    長めの休憩を取る。(15〜30分くらい)


…ってだけ。



別段、なんてこともなく、

   こんなんで何か違うの???

って、思うでしょ?



ところが…



まず、この
キッチンタイマー

ってのが、意外と重要 で、


カチカチ… と時を刻む音

なにげに
 集中できちゃうから不思議



その上、

この25分という時間、
長すぎないから、
最後まで集中力が持続できちゃう

そして、

5分の休憩 
…これが短そうで意外と長い。


今まで1時間くらいしかない時だと、
時間が短いから集中できない…
って思ってたけど、

これを始めてからは、

「2ポモドーロはできるじゃん!!!」

って、気持ちになるから、

タラタラ度が
少し低くなってきたような気がします





そう言えば、


小学生のりおも、中学受験の時、
りおパパに
こんな感じのキッチンタイマーを与えられ、
5000問の問題集を解いてたな〜って、
急になつかしく思い出しちゃいました


その後、このカチカチタイマーは、
ピピピーっ のデジタルタイマーへと
変わりはしたものの、


大学受験まで、
りおパパの指導を受けながら
(これが塾より厳しい…
タイマーとともに勉強してたもんです…



そう言えば、
学校でも当たり前に
授業時間と休み時間があったなぁ。



そうか…

考えてみたら、
あの頃のやりかたの方が正しかったんだ



だいたい、人間、

  そんなに集中力が続くもんじゃない

のが当たり前なはずなのに、


気が付いたら、大人になって、
何でも

  「やり続ける」

ことが当たり前で、

  「区切りが付いた時だけ、少しだけ休憩…」

…って、なっちゃってる


その上、
休憩を取ることに
何だか罪悪感すら感じちゃってる…


そうなんだ、

 休憩って必要なものなんだ




なんか、そんなことに、
初めて気付かされた気がしました…




特に、
詳しいことも知りもしないまま、
いきなり実践から始めてしまいましたが、


少し状況の落ち着いた今、
改めて、

本家サイト(英語です)
http://www.pomodorotechnique.com/

を、読むと、
なるほどな〜と感心させられる
詳しい情報がいっぱい載ってました。



http://www.pomodorotechnique.com/resources/ThePomodoroTechnique_v1-3.pdf

まずは、基本の
45ページに渡る説明書(英語)はから。


http://www.pomodorotechnique.com/resources/pomodoro_cheat_sheet.pdf

それを簡単にまとめたもの(英語)



英語で読むのもかったるい人用に、
主要な部分だけ、
日本語で簡単に説明すると…



まず、スタートに必要な道具として、

  1. キッチンタイマー
  2. 鉛筆
  3. 実行シート (TO DO SHEET)
  4. 在庫シート (ACTIVITY INVENTORY SHEET)
  5. 記録シート (RECORDS SHEET)

(この3. 4. 5. については後で説明します)

を、用意する。



この場合の、キッチンタイマーは、
25分計れるならどんなタイマーでも良い
んだけど、

カチカチ…と音がする

「キッチンタイマー」
であればより良いようです。



やりかたは、

  1. やらなければならないタスクを選ぶ。
  2. タイマーを25分に設定。
  3. タイマーが成るまでタスクを実行し、
    終わったらタスクシートにチェックを付ける。
  4. 5分休憩
  5. 2〜4を1セットで「1ポモドーロ」とし、
    4ポモドーロ毎
    に長い休憩を取る。

だけ。



ついでなので、そこに書かれている

ポモドーロ・テクニックが目指すゴール

について説明すると、


  1. やるべきコトに関する心配や不安を軽減する。
  2. 焦点を定め、集中力を高めることによって中断を減らす。
  3. 自分がやるべきことをしっかりと自覚する。
  4. モチベーションを上げ、それを保ち続ける。
  5. ゴール達成への気持ちを支え続ける。
  6. 量、質の両方面からの改良。
  7. 仕事や勉強方法の強化、拡充。
  8. 強迫観念や固定観念にとらわれない強固な決断力を見につける。

ことにより、

生産性を改善し、

手段や作業を遂行するための方法
を提供すること



だそうです。



たかが、
「キッチンタイマー」で測るだけなのに


ふ、深い……





りおは、いきなり、
ただ時間を測って作業する…
ことだけ始めちゃったから、

正直、
その場、その場をクリアしただけの状態だったけど、


やはり、ちゃんと先を見通しながらやらないと
結果はついて来んぞ

ってな訳で、


「タスクシート」の登場です。

まず最初は、


inventry.JPG


http://www.pomodorotechnique.com/resources/pomodoro_inventory.pdf


「アクティビティ在庫シート」


これには、

自分がやらなければならないことを
ひとまず全部書き出します。

途中でやるべきことが
増えた時も、ここに追加していきます。


ポイントは、

優先順位をまったく考えずに
ただズラズラと羅列していくだけ…

ってこと。


「急ぎじゃないから後でいいや」
「やろうかな、どうしようかな?」

とか、いっさい考える必要はなし




todolist.JPG

http://www.pomodorotechnique.com/resources/pomodoro_todo.pdf

「今日の実行シート」 (TO DO SHEET)


「アクティビティ在庫シート」から、
その日やるべきことを
重要度や優先順位をもとに並べる。

と、同時に、
どのくらいの時間がかかるかを見積もる。

その時、


1ポモドーロ(25分+5分休憩)
で処理できない長いやつは、

3〜4まとめて作業するように設定し、
「4ポモドーロ」としておき、

反対に、

1ポモドーロ以内で処理が可能な簡単な作業は、
「0ポモドーロ」として書き出し、
何個か集めて1ポモドーロを組み立てる。



あとは、タイマーかけてやるのみ






アクティビティ在庫リストは、
まあいいとこ一週間くらい先の作業管理まで
…ってのが関の山かなぁ。

正直、
あまり長期の目標を管理するには向いてないです。

まったく同じようにする必要もないので、


まず、自分の、

長期(5〜10年程度)
中期(半年 〜 5年)
短期(1週間〜半年)

それぞれの目標を別にリストアップし、


その、短期の目標部分をクリアするのに
「アクティビティ在庫リスト」を使う…
ようにしようかな…


と考えてます。



最後に、このテクニックの
ルールとポイントです。

  1. 1ポモドーロは分割不能。
    一度スタートしたら最低25分は続ける。
  2. 5〜7ポモドーロも続くような長い作業は途中で分割する。
  3. 1ポモドーロ未満のモノは、集めて1ポモドーロ単位にする。
  4. 一度始めたらベルが鳴るまで終えない。
  5. 今より、次のポモドーロはもっと良くなってるもの。
  6. このテクニックは作業の為のもの。
    自分の自由時間には使わない方がいい。
    自由時間は思いっきり楽しむべき。





もっと詳しく知りたいけど、
英語はちょっと… と言う人には、
日本語で詳しく説明した本を紹介します。



 ←クリックで詳細

興味のある人は、是非、読んでみてください。





ちなみに、
iPhoneとiPad用のアプリもあります。


Pomodoro Time Management Lite
(ポモドーロ タイム マネージメント ライト)

screenshotpomodoro.JPG
スクリーンショット



とっても単純なアプリです。

基本はトマトをタップするだけ。

カチカチと時を刻む音がするのと
デジタルの時間が減っていくので
何だか、とっても落ち着いて集中できるから不思議…


(上のスクリーンショットの
 Tickingをしとかないと音はしません。)



無料バージョンは

http://itunes.apple.com/jp/app/pomodoro-time-management-lite/id323224845?mt=8




有料バージョンは、

http://itunes.apple.com/jp/app/id323222604?mt=8
170円

http://itunes.apple.com/en/app/id323222604?mt=8
1.99ドル


です。



有料版は、どうやら、

集中タイムと休憩タイムの時間変更ができることと、
記録を残しておくことができるだけ

…の違いらしいので、
わざわざ有料版を買う必要はないか…と。



ただ、この無料版では

バックグラウンドでカチカチがなりません

それから、

画面がオフになったり、
他のプログラムを起動したりすると、

カチカチが聞こえなくなるのはもちろんのこと、
終了のベルすらなりません


バックグラウンドのアラートをサポートしてないので、
常に、このアプリを起動しておく必要あり。


まあ、本来
25分は集中し続ける訳だから、
必要ないっちゃ、必要ないのかもしれないけど、

画面オフにしたくらいで使えなくなっちゃうんじゃ、


「全然、使えない…


…ってのが正直な感想




そんなりおが、
実は今、もっぱら使っているのは、



Chronology - Timer
(クロノロジータイマー)

timer.jpg

http://itunes.apple.com/us/app/chronolite-timer/id302950976?mt=8

と、いうアプリです。



timer2.jpg


こんな風に、時間を自分で調節することが可能なうえに、
バックグラウンドのアラートをサポートしてます


iOS 5 からは、

設定 → 通知 → 通知センターで表示しないApp

から、Chronolite を選び、

通知センター : オン
表示: 1、5、10件から選ぶ
   (1件以上必要ないとは思いますが…)
通知のスタイル:バナーダイアログをお好みで
サウンド: オン
ロック中の画面に表示: オン


と、設定しておくと、
他のアプリを起こしてても、終了時間を教えてくれます

サウンドが必要ない時は、
電話のサウンド自体をオフにしておけば、

バイブレーションで終了時間を通知してくれます


http://itunes.apple.com/us/app/chronology-timer/id290919131?mt=8


有料版
http://itunes.apple.com/us/app/chronology-timer/id290919131?mt=8
と無料版の違いは…

1秒刻みで、最大72時間59分59秒
(無料版は23時間59分59秒)
までカウントダウンできることと、

カウントダウンのループ機能が付いてること…

それにこだわらないなら、
無料版で十分です。



ちなみに、


Pomodoro Time Management Lite
も、通知センターの設定ができます。

試してみたら、

画面オフでも、
ちゃんと終了時間を通知してくれることを発見

でも、残念ながら
やはり他のプログラムを使用中は
通知してもらえませんでした




人によって、集中できる時間って、
きっと差があるはず…

ポモドーロ・テクニックでは
25分にこだわっているけど、

別に色々あっていいんじゃないかな〜

って思います。


そんな上級者は、
自分にとっての最高の集中時間を見つけて
Chronology - Timer(クロノロジータイマー)
の方を利用して、
自分好みの時間を設定するのも手かも…

(かく言うりおは、これも、
 25分と5分で設定しちゃってますが…(笑))




こうして、時間をきちんと管理することで、
りおを含め、世の中の「タラタラさん」たちが
「キッチリさん」へと変貌を遂げることができたら、

日本のGDPも上がるかな…
(りおの場合はアメリカのだけど…)






ちなみに…


ちょっと笑っちゃったのが、
このテクニックを極めると
「ポモドーロ・マスター」の資格が与えられる
ってこと。


さて、いったい誰が「ポモドーロ・マスター」かと言うと、

このテクニックを使い、
次々に追加される目標を、
一歩ずつ達成させることのできる人

だそう。



我こそは!!! と思う人は、

team@pomodorotechnique.com

にメールを送り、認定されると



http://www.pomodoroworld.com/


この「ポモドーロ・ワールド」に
名前が掲載されるそうです。



興味のある人は読んでみてください。(英語)

http://www.pomodorotechnique.com/certified-pomodoro-master.html




コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Clock

ゲーム

おすすめリンク

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アメリカ永住権(グリーンカード)更新手続き 5
    ハワイネコ (04/30)
  • アメリカ永住権(グリーンカード)更新手続き 5
    りお (04/29)
  • アメリカ永住権(グリーンカード)更新手続き 5
    ハワイネコ (04/29)
  • グリーンカード - アメリカ永住権の更新手続き Step by Step編
    tamago (06/02)
  • グリーンカード - アメリカ永住権の更新手続き Step by Step編
    りお (06/02)
  • グリーンカード - アメリカ永住権の更新手続き Step by Step編
    tamago (06/02)
  • グリーンカード - アメリカ永住権の更新手続き Step by Step編
    りお (06/02)
  • グリーンカード - アメリカ永住権の更新手続き Step by Step編
    tamago (06/01)
  • ジャパンウィーク2016 -Japan week
    まっちゃ (01/21)
  • ジャパンウィーク2016 -Japan week
    りお (01/16)

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM